生産性向上で人手不足打開 中川建設がICTを積極活用

2019年08月20日 15時00分

 中川建設(本社・中川)は、人手不足の現状打開に、生産性向上と安全性確保を推進するICT施工を積極活用している。本年度は旭川開建と旭川建管それぞれの発注工事でICT建機を投入。i―Constructionの技術習熟やノウハウ取得に努め、施工能力の改善結果をまとめ人材不足の打開策に検証・活用していく。

地方建設業の人手不足に効果を発揮するICT施工

 同社は、地方建設業者として技術者、オペレーター、作業員全ての人材が不足していく現状に危機感を抱き、数年前からICTの設備投資を進めてきた。2018年度から現場での稼働も増え、19年度は旭川開建から一般国道40号中川町琴平北改良(ICT活用・施工者希望Ⅱ型)を受注。全面的なICT活用を実践する。

 同現場は音威子府バイパス事業の一環で、路体盛り土7万3000m³が主な工種。3次元マシンコントロールによるバックホーの法面整形、ブルドーザの敷きならし、GNSS管理によるローラー締め固めなど盛り土は全てICT施工だ。出来形管理は地上レーザースキャナーで実施する。

 旭川建管発注の30年災9号美深中川線災復はICT活用の指定はないが、複雑な法面の把握と施工に有効とマシンコントロールバックホーを投入。急傾斜での丁張りが法面の3次元データ化で不要となり、工程・安全両面で効果を発揮している。

 両工事の現場代理人からは「3次元データは完成イメージを共有しやすい」「レーザースキャナーで起工測量しており施工土量がすぐに算出できる」といったメリットも挙がる。手元作業の危険回避と手間を省くICT施工が、人手不足による地方建設業の諸課題解決を後押ししている。


関連キーワード: ICT 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。