生産性向上で人手不足打開 中川建設がICTを積極活用

2019年08月20日 15時00分

 中川建設(本社・中川)は、人手不足の現状打開に、生産性向上と安全性確保を推進するICT施工を積極活用している。本年度は旭川開建と旭川建管それぞれの発注工事でICT建機を投入。i―Constructionの技術習熟やノウハウ取得に努め、施工能力の改善結果をまとめ人材不足の打開策に検証・活用していく。

地方建設業の人手不足に効果を発揮するICT施工

 同社は、地方建設業者として技術者、オペレーター、作業員全ての人材が不足していく現状に危機感を抱き、数年前からICTの設備投資を進めてきた。2018年度から現場での稼働も増え、19年度は旭川開建から一般国道40号中川町琴平北改良(ICT活用・施工者希望Ⅱ型)を受注。全面的なICT活用を実践する。

 同現場は音威子府バイパス事業の一環で、路体盛り土7万3000m³が主な工種。3次元マシンコントロールによるバックホーの法面整形、ブルドーザの敷きならし、GNSS管理によるローラー締め固めなど盛り土は全てICT施工だ。出来形管理は地上レーザースキャナーで実施する。

 旭川建管発注の30年災9号美深中川線災復はICT活用の指定はないが、複雑な法面の把握と施工に有効とマシンコントロールバックホーを投入。急傾斜での丁張りが法面の3次元データ化で不要となり、工程・安全両面で効果を発揮している。

 両工事の現場代理人からは「3次元データは完成イメージを共有しやすい」「レーザースキャナーで起工測量しており施工土量がすぐに算出できる」といったメリットも挙がる。手元作業の危険回避と手間を省くICT施工が、人手不足による地方建設業の諸課題解決を後押ししている。


関連キーワード: ICT 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,907)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,039)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,657)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,434)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。