深掘り

 地域経済の成長には、新たな技術シーズを生み出すだけではなく、その技術を発展させたビジネスの創出が欠かせません。〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想やアイデアを紹介します。

深掘り 旭イノベックス 中村泰男専務

2019年08月19日 19時00分

中村泰男専務

共存共栄の環境が重要

 札幌を中心とした再開発で活況にある鉄鋼業界。北海道日本ハムファイターズのボールパークやニセコのリゾート開発、自治体庁舎の建て替えなど、先行きの景況感に曇りは見えない。その中核を担うのは鉄骨加工業者。北海道機械工業会鉄骨部会長を務める旭イノベックス(本社・札幌)の中村泰男専務に、S造やSRC造が絡む市場感を聞いた。

 

 

 ―鉄骨市場の業況を。

 2011年度を底に良くなっている。現状、北海道のファブリケーター(鉄骨加工会社)で赤字企業は1社もないはず。

 ファブは請け負いならぬ〝請け負け業〟体質が染み付いていたので、仕事があっても経営内容が良くなかった。僕自身も教育委員を務めたが、全国鉄構工業協会の指導が進み、個別原価計算の手法が定着した。今は、どの企業もコスト意識を持って経営している。

 全国のファブが普通に働いてこなせる量は年間480万―500万㌧。しかし18年度は508万㌧、17年度は520万㌧だった。個人的には490万㌧程度が良い水準と考え、それ以上になると残業が伴う。働き方改革が進められる中、対応に苦慮している。

 ―ファブ業界の課題は。

 人手不足の打開策には新3K(給与、休日、希望)が大切と考える。業界で働く人には良い待遇にあってほしく、利益を出すのは必須条件。安値受注は最悪の形だと思う。

 現状の大型物件は、ファブ数社で対応するのが一般的になっている。1社で総取りすると、地元の常連客から依頼を受けても応えられない。腹八分目で備えている。ファブ1社で北海道の鉄骨は賄いきれないので、共存共栄の環境が重要だ。

 「どんどん注文が来るなら工場を大きくすべきだ」という発想もあるだろうが、それで失敗したのがバブル崩壊後のファブ業界。機械のリニューアルはすべきだろうが、工場の拡張は現実的ではない。

 ―今後の市場感について。

 最近まで北海道の鉄骨市場は今後10年間、安泰だと思っていた。しかし、昨年秋ごろから状況が変わった。米中貿易戦争と英国のEU離脱、イラン問題、日韓の問題。これらを火種とした日本経済への影響が懸念される。この4つが解決すれば今後10年は安泰だろう。

 札幌市内の再開発や日ハムのボールパーク、ニセコや富良野のリゾート開発、新幹線駅舎、自治体庁舎など、鉄の物件はまだまだある。

 ―自社のトピックスを。

 高度の技術が必要な難しい鉄骨を主体にしていこうと考えている。最近は国立アイヌ民族博物館や道議会庁舎など、曲線が特徴の建物を手掛けた。3次元CADを生かし、より高度な製作図を描けるスタッフ3人を2年半かけて育てた。原寸図のスタッフも19人いる。難しい鉄骨が得意なファブであることを定着させたい。

 ―施主やゼネコン、設計会社への要望は。

 工期を十分に取ることを求めたい。一般的なプロジェクトでは、設計会社による図面ができてゼネコンが決まり、その上でファブが製作図を描く。それをゼネコンに見てもらい、さらに設計会社にチェックしてもらう。この図面チェックバックが昔よりも遅くなっている。これも人手不足などが原因だろう。それらを見越した工程を考えてほしい。(聞き手・佐藤 匡聡)

 中村泰男(なかむら・やすお)1950年5月、紋別市生まれ。72年に旭鉄工所入社、87年企画部長。93年から旭製作所と兼務し94年に同社取締役営業部長、2002年常務、03年社長就任。07年に旭鉄工所、旭製作所、旭イノベックスが合併し「旭イノベックス株式会社」が設立。専務取締役に就き、現在に至る。

(北海道建設新聞2019年8月14日付2面より)


深掘り 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,301)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,581)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,537)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,422)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,067)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。