倶知安余市道路の銀山大橋 1、2年で下部完成へ

2019年08月21日 12時00分

 小樽開建が整備を進める5号倶知安余市道路共和―余市間の銀山大橋で、2020年度以降残事業量が明らかになった。19年度末で橋脚3基の整備を完了。20年度以降は橋台2基と橋脚5基を1―2年程度で整備し、上部は3年程度で完成させる考えだ。

 倶知安余市道路は、後志自動車道の一部として整備中の高規格道路。14年度事業化の共和―余市IC間は、共和町国富から余市町登町までの27・6㌔を事業区間とする。

 銀山大橋は、仁木町内で余市川支流の馬群別川をまたぎ、橋長566m、総幅員12・64m(路肩両側3・5m、車道部7m、中央帯1・5m、地覆64cm)で計画。上部は鋼9径間連続少数板桁合成桁、下部は逆T式橋台2基と壁式橋脚8基で構成する。

 P4橋脚とP5橋脚のみ直接基礎で、そのほかは杭基礎。詳細設計はドーコンが担当した。事業費は未定。

 18年度末までに工事4件を税抜き8億7949万円で契約。P2、P3橋脚は整備済みで、P4橋脚は底版、P5、P6、P7橋脚は場所打ち杭、P8橋脚は底版と梁を除く柱部を施工した。

 19年度は2億4197万円でP4橋脚の柱部、P6橋脚の底版を進めていて、年度末にはP2、P3、P4橋脚の整備完了を予定する。

 20年度以降の残事業を見ると、A1、A2橋台とP1橋脚が未着工。P5、P7橋脚は基礎以降、P6橋脚は底版から先の施工を残し、P8橋脚は梁部を施して完成に持ち込む。

 未発注の上部については、予算状況によっては下部と整備を同時進行させ、早期完成させることも想定している。


関連キーワード: 国交省 後志 橋梁 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • オノデラ
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,907)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,623)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,039)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,657)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,434)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。