勤医協札幌病院耐震化へ 建て替えも視野に検討

2019年08月21日 07時00分

 公益社団法人北海道勤労者医療協会(札幌市白石区菊水3条3丁目5、田村裕昭理事長)は、勤医協札幌病院を耐震化する考えだ。「(建物の)耐久期限が近づいている」とし、建て替えも視野に入れている。

 登記簿によると、札幌市白石区菊水4条1丁目7の23[MAP↗]にある同病院(RC・S造、地下1地上5階、延べ1万964m²)は1964年の新築。その後、68年、78年、79年、97年にそれぞれ増築したが、築55年が経過し、老朽化が目立っている。

 現在の診療科目は、内科、外科、整形外科、産科、婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、眼科、精神・神経科・心療内科。病床数は105床を備える。

 札幌市が2017年10月に発表した要緊急安全確認大規模建築物の診断結果では、一部のIs値が目標値1・0を下回る0・48だった。震度6強から7程度に達する地震の場合、倒壊・崩壊の危険性が高いレベルⅠに該当している。
 同協会は「建て替えの資金が厳しい現状にあるが、医療機関としての役割をしっかり踏まえ検討する」と話している。


関連キーワード: さっぽろ圏 病院

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。