「朝どれ昼売り」初出荷 地方創生へ物流体系構築

2019年08月22日 18時00分

 日本航空(JAL)と農業総合研究所(農総研)は21日、究極の輸送スピードへの挑戦と題し、初の試みとなる「朝どれ昼売り」に取り組んだ。同日早朝に収穫したトウモロコシを新千歳午前8時発の便で羽田へ空輸し、新鮮な味覚を消費者に提供。収穫した日の昼に首都圏で販売することを可能にした。新たな輸送サービスを通して空港を中心にした地方創生を推進する。

 両社と、農総研が母体である世界市場(本社・東京)の3者は2017年7月、農産物の輸出拡大を目指し連携協定を締結。同8月に帯広から香港や東京近郊に野菜を出荷し始め、その後、新千歳や旭川で展開している。

 7月には農総研が新千歳空港施設内に集荷場を設置し、運営をJALに委託。JALの航空ネットワークと農総研の販売網を生かした物流体系が構築された。

北海道の新鮮な野菜が都内に素早く届けられた

 この日「朝どれ昼売り」として初出荷したのは、竹内農園(北広島)のトウモロコシ180本と和田農園(余市)のミニトマト400㌔。トウモロコシは午前4時から収穫し、同6時20分ごろに空港集荷場に届いた。

 竹内農園の竹内巧代表社員は「半日で届くというのは今まででは考えられない。面白い取り組み」とし、「おいしい物をおいしい状態で多くの人に食べてもらいたい」と話した。

 空港に集荷場ができたことで、首都圏の店舗への輸送に通常は3、4日かかるところ、収穫翌日もしくは収穫日の昼前に店頭に並べることが可能になる。

 また、農家が直接集荷場へ持ち込み、農総研が店頭に販売することで中間マージンを削減。野菜の価格も農家が集荷場で決められるため、農家の収入向上が期待できる。集荷場は旭川空港でも19日に開設した。

 日本航空日本地区貨物販売支店北海道販売部の中野卓也部長は「空港を中心とした地方創生、地域活性化に関する取り組み。継続が大切」と主張。

 また、道内7空港の民営化に触れ「帯広や女満別では温度管理設備を備えた貨物ビル新設が提案された。各空港で貢献できれば」と積極的な姿勢を示した。

 


関連キーワード: 物流

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,079)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,462)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,867)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,237)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。