旭川空港の民営化へ市がスケジュール 10月にも実施契約

2019年08月24日 12時00分

 道内7空港の一括民営化に関し、旭川空港管理者である旭川市は、北海道エアポートグループが結成する特定目的会社(SPC)による2020年10月からの運営開始に向けたスケジュールを示した。9月の第3回定例市議会に市の負担金を補正計上するなど、民間委託に必要な関連議案を上程する方針。10月ごろの実施契約締結後は、地位譲渡契約を締結するなど空港運営の引き継ぎを進める。

 20日の市議会総務常任委員会で、菅野直行地域振興部長が説明した。

 北海道空港など17社で構成する北海道エアポートグループは、7空港一括民営化の優先交渉権者として7月3日に選定された。9日には空港管理者の国土交通省、北海道、旭川市、帯広市と基本協定を締結。今後はSPCを設立し、10月にも管理者と実施契約を交わす。

 実施契約締結に向け、市は空港運営者の指定と市有地の無償貸し付けに関する議案を9月定例会に上程する考え。併せて、既存空港施設の維持管理などに充てる市の負担金も補正計上し、債務負担の設定を求める。

 実施契約締結後、両者は地位譲渡契約や地域との相互理解、緊密な連携を目的としたパートナーシップ協定を結ぶ予定。20年1月15日から7空港ビルの一体経営がスタートし、旭川空港[MAP↗]は滑走路の引き継ぎなどを経て、10月1日から完全民営化となる見通しだ。

 委員会では、旭川空港ターミナル前面に約3000㎡の大規模施設を増築するという北海道エアポートグループの提案について実施時期を問う質疑があり、沢井直之空港事務所主幹は、10年後以降となる見通しを伝えた。

 (北海道建設新聞2019年8月21日付4面より)


関連キーワード: 上川 空港民営化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,079)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,462)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,867)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,237)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。