旭川空港の民営化へ市がスケジュール 10月にも実施契約

2019年08月24日 12時00分

 道内7空港の一括民営化に関し、旭川空港管理者である旭川市は、北海道エアポートグループが結成する特定目的会社(SPC)による2020年10月からの運営開始に向けたスケジュールを示した。9月の第3回定例市議会に市の負担金を補正計上するなど、民間委託に必要な関連議案を上程する方針。10月ごろの実施契約締結後は、地位譲渡契約を締結するなど空港運営の引き継ぎを進める。

 20日の市議会総務常任委員会で、菅野直行地域振興部長が説明した。

 北海道空港など17社で構成する北海道エアポートグループは、7空港一括民営化の優先交渉権者として7月3日に選定された。9日には空港管理者の国土交通省、北海道、旭川市、帯広市と基本協定を締結。今後はSPCを設立し、10月にも管理者と実施契約を交わす。

 実施契約締結に向け、市は空港運営者の指定と市有地の無償貸し付けに関する議案を9月定例会に上程する考え。併せて、既存空港施設の維持管理などに充てる市の負担金も補正計上し、債務負担の設定を求める。

 実施契約締結後、両者は地位譲渡契約や地域との相互理解、緊密な連携を目的としたパートナーシップ協定を結ぶ予定。20年1月15日から7空港ビルの一体経営がスタートし、旭川空港[MAP↗]は滑走路の引き継ぎなどを経て、10月1日から完全民営化となる見通しだ。

 委員会では、旭川空港ターミナル前面に約3000㎡の大規模施設を増築するという北海道エアポートグループの提案について実施時期を問う質疑があり、沢井直之空港事務所主幹は、10年後以降となる見通しを伝えた。

 (北海道建設新聞2019年8月21日付4面より)


関連キーワード: 上川 空港民営化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,885)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,682)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,636)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,890)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,750)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。