旧日本郵船小樽支店保存修理 応札ゼロで2度目の中止

2019年08月23日 12時00分

 小樽市は21日、重要文化財旧日本郵船小樽支店保存修理の事前審査型条件付き一般競争(郵便入札)を執行したが、参加申請者が応札しなかったため中止とした。前回は指名競争で入札し、参加辞退で取りやめていた。市は参加申請者へのヒアリングを実施し、原因を究明する方針だが、再入札の時期は未定となっている。

 色内3丁目7の8[MAP↗]にある旧日本郵船小樽支店は、1906(明治39)年に完成した近世ヨーロッパ復興様式の純石造建築物。規模は2階建て、延べ964m²となっている。長期保存に向けて耐震性の確保が必要と判断し、文化財建造物保存技術協会で実施設計を進めた。

 耐震工法は、引張補強材(アラミドロッド)を用いた工法と水平ブレース設置を採用。トラス構造の屋根全面ふき替え、外壁の擬石張り替え、天井・内壁のクロスも更新する。工期は36カ月を見込む。

 1回目の入札は、市内業者の共同体を対象とした指名競争で、予定価格は税抜き5億1678万円だったが、2月6日の開札は参加辞退で中止となった。

 2回目は、建築の単体で総合審査評点1500点以上、地域要件不問を条件に事前審査型の条件付き一般競争で発注。単価の見直し、門と塀の修繕を取りやめるなどで、予定価格は4億4664万円に改めた。1社が参加申請書を提出していたが、当日は応札なしで中止とした。


関連キーワード: 入札情報 建築 後志 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。