JR北海道、独自デザインの車両導入 9月以降定期運行

2019年08月23日 18時00分

 JR北海道は、独自デザイン車両の新シリーズ「山紫水明」2両を9月から10月にかけて導入する。島田修社長が22日の記者会見で説明した。

脱着式テーブルを備える山明号(JR北海道提供)

 既存のキハ40形車両を改造。緑を基調色とした外観の「山明(さんめい)」号を9月中旬、紫が基調の「紫水」号を10月中旬に、定期列車として運行する。どちらも内装に木製素材を多用。大型の脱着式テーブルを備えていて、観光列車、イベント列車としても活用する。

 改造費は1両当たり約1800万円。山明号は9月7日にJR苗穂工場で一般公開を予定している。JRは11月、2両を使った団体ツアーを実施する計画だ。

 島田社長はこのほか、東急電鉄の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を2020年8月に道内で運行することも発表。鉄道とバスを組み合わせた3泊4日のツアーで、札幌を起点に十勝、知床、旭川、富良野エリアを周遊する。
8月に4回の催行を想定している。

 JR北海道が東急から運行を受託する格好。旅行代などは未定で、20年2月ごろの発売を目指す。東急の車両は仕様上そのままでは道内を走れず、電源車の用意などでJR東日本、JR貨物も協力する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 古垣建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,074)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,459)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,232)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,866)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,236)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。