JR北海道、独自デザインの車両導入 9月以降定期運行

2019年08月23日 18時00分

 JR北海道は、独自デザイン車両の新シリーズ「山紫水明」2両を9月から10月にかけて導入する。島田修社長が22日の記者会見で説明した。

脱着式テーブルを備える山明号(JR北海道提供)

 既存のキハ40形車両を改造。緑を基調色とした外観の「山明(さんめい)」号を9月中旬、紫が基調の「紫水」号を10月中旬に、定期列車として運行する。どちらも内装に木製素材を多用。大型の脱着式テーブルを備えていて、観光列車、イベント列車としても活用する。

 改造費は1両当たり約1800万円。山明号は9月7日にJR苗穂工場で一般公開を予定している。JRは11月、2両を使った団体ツアーを実施する計画だ。

 島田社長はこのほか、東急電鉄の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を2020年8月に道内で運行することも発表。鉄道とバスを組み合わせた3泊4日のツアーで、札幌を起点に十勝、知床、旭川、富良野エリアを周遊する。
8月に4回の催行を想定している。

 JR北海道が東急から運行を受託する格好。旅行代などは未定で、20年2月ごろの発売を目指す。東急の車両は仕様上そのままでは道内を走れず、電源車の用意などでJR東日本、JR貨物も協力する。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,882)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,685)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,634)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,888)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,746)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。