道内の汚水処理普及率95.5% 全国で10番目に高い数値

2019年08月31日 15時00分

 国土交通、農林水産、環境の3省は、下水道や農業集落排水施設、浄化槽など汚水処理施設の普及状況の調査結果をまとめた。2018年度末の全国の汚水処理人口普及率は91.4%で、前年度末時点より0.5ポイント上昇した。このうち下水道普及率は79.3%まで上昇し、80%超えも目前となった。道内の汚水処理人口普及率は0.1ポイント伸びて95.5%となり、全国で10番目に高い数値だった。道内市町村別では札幌のほか、今回の調査で新たに苫小牧と泊の汚水処理人口普及率も99.9%に達した。

 道内の普及状況を見ると、総人口527万5000人に対し、下水道普及人口は481万1000人。普及率は前年度より0.2ポイント上昇して91.2%となり、全国で6番目に高かった。

 下水道のほかに、農業集落排水施設は6万7000人、合併処理浄化槽は16万2000人が利用。合計503万9000人(四捨五入のため、合計と内訳が一致しない)が汚水処理人口となる。

 道内市町村の汚水処理人口普及率は札幌、苫小牧、泊の3市村が99.9%で最高。以下、千歳の99.5%、室蘭の99.4%、小樽の99.1%、江別と歌志内の99%と続いている。この他の主要都市では、釧路市が98.8%、帯広が98.5%、旭川が98.1%、北見が97.3%、函館が91.8%という状況だ。

 2019年8月28日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。同日付4面には道内市町村の下水道普及率を掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (8,916)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,185)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,479)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,376)
首位は戸田建設 4―6月のゼネコン道内受注高
2020年08月18日 (1,124)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。