道内の汚水処理普及率95.5% 全国で10番目に高い数値

2019年08月31日 15時00分

 国土交通、農林水産、環境の3省は、下水道や農業集落排水施設、浄化槽など汚水処理施設の普及状況の調査結果をまとめた。2018年度末の全国の汚水処理人口普及率は91.4%で、前年度末時点より0.5ポイント上昇した。このうち下水道普及率は79.3%まで上昇し、80%超えも目前となった。道内の汚水処理人口普及率は0.1ポイント伸びて95.5%となり、全国で10番目に高い数値だった。道内市町村別では札幌のほか、今回の調査で新たに苫小牧と泊の汚水処理人口普及率も99.9%に達した。

 道内の普及状況を見ると、総人口527万5000人に対し、下水道普及人口は481万1000人。普及率は前年度より0.2ポイント上昇して91.2%となり、全国で6番目に高かった。

 下水道のほかに、農業集落排水施設は6万7000人、合併処理浄化槽は16万2000人が利用。合計503万9000人(四捨五入のため、合計と内訳が一致しない)が汚水処理人口となる。

 道内市町村の汚水処理人口普及率は札幌、苫小牧、泊の3市村が99.9%で最高。以下、千歳の99.5%、室蘭の99.4%、小樽の99.1%、江別と歌志内の99%と続いている。この他の主要都市では、釧路市が98.8%、帯広が98.5%、旭川が98.1%、北見が97.3%、函館が91.8%という状況だ。

 2019年8月28日付の北海道建設新聞(1面)から抜粋。同日付4面には道内市町村の下水道普及率を掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,969)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,969)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (1,685)
仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (1,641)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,634)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第176回は「刺身を引く」。研ぎ澄ま された包丁で一気に引くと身が潰れず うまさが引き出されます。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 サハリン・スケッチ

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。