オホーツク総合局に内閣府のサテライトオフィス設置

2019年08月29日 15時00分

 内閣府は27日、オホーツク総合局にサテライトオフィスを設置した。30日までの期間限定で、担当者が市町村職員の相談に乗るなど、地方の実情把握と課題抽出を図る。9月4、5日には十勝総合局にも開設する予定となっている。

期間限定で開設し地方の実情を把握する

 地方創生に向け、2018年度から全国で実施している取り組み。道内では18年度に札幌に設置しており、19年度は地方創生推進交付金の活用率が低い道東に設置することにした。

 期間中は、内閣府で地方創生や地方分権を担当する職員が、市町村職員と意見交換をするほか、交付金制度などを紹介する。オフィスにはテレワーク環境も整っているため、東京とのウェブ会議も可能だ。

 19年度は北海道、群馬県、広島県、岩手県、静岡県の全国5地域が設置対象となっている。

 設置に当たり、内閣府地方創生推進事務局の中山隆治参事官は「地元の皆さんの声を踏まえて地方創生を推進することが重要」、オホーツク総合局の藤田二局長は「国や市町村との連携の下、地域の実情に応じた取り組みを展開していきたい」と話した。


関連キーワード: オホーツク

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,181)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,390)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,969)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,807)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,172)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。