岩見沢でスマート農業技術実演会 鈴木知事も試乗

2019年08月30日 12時00分

トラクターに試乗する鈴木知事

 鈴木直道知事は28日、岩見沢市北村地区でスマート農業技術の実地実演会と農作物の育成状況などを確認した。実際に生産者から農作物の生育状況やICT技術活用への意見を確認したほか、ロボットトラクターへの試乗を通してスマート農業への理解を深めた。

 スマート農業とは、ロボット技術やICT(情報通信技術)を活用し、省力化や精密化を図る次世代農業。岩見沢市では、2013年に設立した、いわみざわ地域ICT(GNSS等)農業利活用研究会を中心に、北大大学院農学研究院の野口伸教授らとの産官学連携体制を構築しロボットトラクターなどの実証実験を実施しており、19年度には北大、NTTグループと連携協定を結び、スマート農業の実用化に向けて先進的な取り組みを進めている。

 松野哲市長は岩見沢市役所北村支所で、市における農業の概要やスマート農業への取り組みを解説。いわみざわ農業協同組合の村木秀雄組合長が主要農産物の生育状況、農業基盤整備の概要を青木誠雄空知総合局長が解説した。

 鈴木知事は新田農場に移動して現地を視察。生育状況を確認したほか、ICT技術導入による農作業への変化について意見を交換した。

 技術現地実演会では、野口教授の解説の下、GPSを活用したロボットトラクターが遠隔操作により自動で稼働する様子を視察。実際に試乗し、理解を深めた。

 鈴木知事はスマート農業に対して「課題はあるが技術自体はだいぶ進歩している。通信環境や基盤整備を連動させ、最先端の取り組みを協力して進めたい」とスマート農業実用化に向けたサポートに協力的な姿勢を示した。


関連キーワード: 農業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,243)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,226)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,594)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,530)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,523)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。