美唄病院建替へ新計画 市長が設計業者との契約解除表明

2019年09月05日 15時00分

 美唄市の板東知文市長は、3日に開会した第3回定例市議会で、現在中断している市立美唄病院建て替えの実施設計について、実施設計業者と契約解除する考えを明らかにした。今後は病院建て替えの新たな計画を策定するため検討会を設ける考えだ。

 市立美唄病院[MAP↗]を巡っては、建設から50年以上が経過し、高橋幹夫前市長の下で建て替えに向けた計画が進められていた。ただ、事業費については当初示していた約35億円から、資材価格の高騰などにより最終的に約43億円にまで増加した。一体で整備する予定だった保健福祉総合施設建設も合わせると事業費は約50億円となる見通しとなった。

 こうした事業費の拡大に、市議会や市民からも建て替えに慎重な意見が出され、ことし5月には当初の計画を縮小することが決まったが、その後は設計業務を中断せざるを得ない状況になっていた。

 そんな中、6月の市長選で、病院建て替え事業の見直しを公約に掲げていた板東市長が当選。板東市長は50億円を超える総事業費は、少子高齢化・人口減少が進む同市では将来的に市民の負担が大きいことなどを理由に、計画見直しを訴えていた。

 板東市長は、3日の市政報告の中で、現在の実施設計業者との契約解除を表明するとともに、病院建て替えの新たな計画案策定に向けた検討会を庁舎内と病院内に設置する考えを示した。


関連キーワード: 医療 医療福祉 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,227)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,147)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,560)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,276)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。