どの国で働きたい?

2019年09月05日 09時00分

 英金融大手HSBCホールディングスが先日発表した「海外駐在員が住みたい・働きたい国ランキング」の結果を見て、いささか考えさせられた。33カ国中、日本がビリから2番目だったのである

 ▼しかも調査対象は先進国ばかりでない。いわゆる発展途上国も含まれている。日本はどの国よりも素晴らしいなどと言うつもりもないが、まさか32位とは。ちなみにベスト3は順にスイス、シンガポール、カナダだった。各国は生活の質や収入、政治的安定性、キャリア形成、子どもの教育といった多くの指標で比較され、それを総合したスコアで順位が決められる。個別の指標を見ると日本は政治的安定性が6位、生活の質と経済的安定性が13位。これだけ見るとさほど悪いわけではない

 ▼ところが収入とワークライフバランス、子どもの教育は何と最下位の33位。子どもの友達のつくりやすさも32位と際立って低い。長引くデフレによる収入の低迷や働き過ぎ、閉鎖的な社会環境が日本の評価を下げているようだ。身近な国としてはインド18位、米国23位、フィリピン24位、中国26位など。例えば中国は生活の質と心身の健康が著しく低いものの収入は極めて高く、子どもの成育環境も悪くない

 ▼日本はことし4月、深刻な人手不足解消のため入管法を改正。外国人材受け入れ増にかじを切った。ただ、国際社会の目はこの順位の通りである。研修に名を借りた外国人の低賃金労働も名を落とす一因になっていよう。来月からは消費税も上がる。政府は受け入れの旗を振る前にもっとやることがあるのでないか。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (7,896)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,392)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,170)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,774)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,201)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。