摩周湖の水質を守れ 連絡協議会が調査継続

2019年09月08日 15時00分

 摩周湖環境保全連絡協議会(会長・徳永哲雄弟子屈町長)は2、3日、摩周湖水のモニタリング調査を実施した。2018年度に国による調査が終了したことを受けて初めて実施。採取したデータは21年度の公表に向け精査を進める。

 摩周湖は、1931年の水質調査で41・6mという世界一の透明度を記録。81年からは国立環境研究所が調査を続け、94年には国連環境計画のGEMS/Water(全球陸水水質データ監視計画)における観測地点(ベースラインモニタリングステーション)として日本の湖沼で唯一登録された。

カムイシュ島を背景に調査を進めた

 調査では、水温をセンサーで測り、プランクトンや栄養分、金属類の含有量を図るサンプルを採取。調査を進めた町の山崎友寛環境生活課環境係主事は「ベースラインモニタリングステーションとして維持するために今後も継続していきたい」と話していた。(釧路)

 北海道建設新聞2019年9月4日付け1面より。北海道建設新聞の9月5日付13面に関連記事を掲載しています。

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,885)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,682)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,636)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,890)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,750)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。