札幌市が総合防災訓練 57団体約700人が参加

2019年09月07日 18時00分

 札幌市の総合防災訓練が6日、中央区の豊平川緑地で開かれた。北海道胆振東部地震から1年。関係機関の連携強化のため消防、警察、自衛隊の合同救助訓練を初めて導入したほか、市民の体験型訓練を拡充し自助、共助の意識向上を図った。

3機関が役割分担し合同訓練を展開した

 57団体約700人が参加。胆振東部地震をモデルに台風の直後に最大震度6弱の地震が発生したと想定。被害把握と情報収集、救助や電力確保の対応を確認した。

 初の合同救助訓練では土砂災害、家屋損壊で負傷者が家屋や自動車内に取り残されたと設定。現場近くに3機関の連絡調整の場を設け、役割分担しながら緊張感のある救助活動を展開した。

 また体験型訓練を充実。避難路をふさぐ車両や倒木の撤去、土のう作り、煙の中の避難を疑似体験などに多くの地域住民が参加した。

 会場の設営や撤去に協力した中央区災害防止協力会、市と災害時協定を結ぶ札幌電気工事業協同組合など電気4団体の関係者らは、対応の流れを確認。震災の記憶が残る中「例年以上に緊迫感のある訓練」と意識の高まりを実感していた。

 総括した秋元克広市長は公助の充実を目標に掲げる一方「多くの命を守るには地域の共助、家庭の備えによる自助が重要」と市民の協力を呼び掛けた。14日には北ガスアリーナ札幌46で避難所の開設、運営訓練を展開する。


関連キーワード: 北海道胆振東部地震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (7,896)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,392)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,170)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,774)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,201)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。