道内初ラウンドアバウト供用開始へ 上ノ国町で通行体験会

2019年09月16日 09時00分

 函館開建は10月3日、上ノ国町スポーツセンター[MAP↗]でラウンドアバウト(環状交差点)の通行体験会を開く。上ノ国町で道内初となる同交差点が供用開始することを踏まえ、車両通行や歩行者横断の体験を通して、安全性などのメリットや通行方法への理解を呼び掛ける。

 ラウンドアバウトは交通事故の軽減や災害時における交差点機能の確保が目的。対象は大留交差点[MAP↗]で2018年度に若狭組(本社・上ノ国)が改良、19年度に道南土木(同・江差)が舗装をそれぞれ担当し、10月中の完成を目指している。

 体験会では開建担当者が概要を説明するほか、警察が通行方法を指導。その後、屋外に用意した仮設のラウンドアバウトで通行体験を行う。函館開建江差道路事務所の舟橋昇所長は「大留交差点は上ノ国町の中心市街地に位置し、周囲に多くの学校施設があり、生徒が多数横断する。開通までに通行方法を周知したい」と話している。

 参加無料、定員150人。参加希望者は函館開建ホームページ掲載の申込書で、9月20日までにFAX0138(47)6339で申し込む。(函館)

(北海道建設新聞2019年9月11日付9面より)


関連キーワード: 国交省 桧山 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。