旭川・北彩都の最終区画 売却申し込みは来年3月

2019年09月15日 15時00分

 旭川市は10日、北彩都あさひかわ地区最後の2区画売却を一般競争公告した。対象は総合庁舎建て替え候補地の一つだった宮下通11丁目2と同12丁目1。参加申し込みは2020年3月2日から同10日まで。3月26日午前10時から市第3庁舎保健所棟で入札する。

 JR旭川駅周辺の同地区は、全20区画中18区画を販売。このうち宮前2条1丁目2(1万7500m²)で森山病院、宮前1条1丁目7(1500m²)で賃貸マンション北彩都テラス、宮下通11丁目1(4070m²)でサ高住の新築が進む。このほか宮前1条1丁目6(3760m²)では、北海道赤十字血液センター旭川事業所建て替えが計画されている。

 今回販売するのは、宮下通11丁目2の3041m²と同12丁目1[MAP↗]の7694m²。用途地域はどちらも建ぺい率80%、容積率400%の商業地域となっている。

 最低基準価格は宮下通11丁目2が1億5700万円、同12丁目1が3億8970万円としている。

 入札参加に必要な書類は地域振興課ホームページから入手できる。現地見学会は10月15日午後2時に開く。

 問い合わせは同課、電話0166(25)5316まで。

(北海道建設新聞2019年9月11日付2面より)


関連キーワード: 上川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,303)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,521)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,458)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,106)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,002)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。