芽室町が町営プールの建設地変更 総合体育館西側に

2019年09月13日 15時00分

 芽室町は、町営温水プール建て替えの事業計画を見直す。これまでは芽室公園運動広場内の総合体育館東側駐車場を建設候補地としていたが、体育館の西側に変更。JR芽室駅から1㌔圏内になることから、社会資本整備総合交付金の交付割合が5割に増えるという。今後のスケジュールも見直す考えで、2019年度末までに基本計画をまとめ、20年度に事業者を選定。21年度に基本設計と実施設計、22年度に工事を進め、23年度から供用を開始する予定だ。

 同プールは東3条8丁目1[MAP↗]の芽室公園運動広場内にあるが、内外装の劣化や機械設備の老朽化が進み抜本的な改善が必要になっていた。さらに近年は通年利用になったが、暖房能力や外壁サッシの断熱不足で内部結露の発生が問題になったため建て替えを計画した。

 町はことし3月の段階で、JR芽室駅から1㌔強に位置する広場内総合体育館東側駐車場を建設候補地としていた。しかし、19年度から社会資本整備総合交付金における都市再構築戦略事業の施設要件が変更。対象施設にプール施設が新しく加わり、交付割合が通常事業の4割から5割になることから、要件に該当する駅から1㌔圏内の敷地である体育館西側に建設地を変える。元の建設予定地の活用方法は未定。

 このほか、体育館西側に近接する勤労青少年ホーム(RC造、平屋、延べ624m²、1978年完成)と合わせた総合的な施設運営をあらためて検討する。同ホームにトレーニングルームなどの機能を移動させる計画も含め、既にサウンディング調査を実施している。施設面積は最大
2500m²、概算事業費14億8867万円を見込んでいたが、若干規模が縮小になる可能性もある。

 見直しにより、基本計画案の取りまとめは当初予定していた、ことし9月から12月に変更。パブリックコメントを経て、19年度末までにDBO(公設民営)方式にするかなど公募条件を議論し、基本計画を策定する。


関連キーワード: スポーツ 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,730)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,021)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,780)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,305)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,268)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。