根室市が庁舎建て替えへ 防災拠点機能の確保に重点

2019年09月19日 12時00分

22年度の着工目指す

 根室市は、庁舎建て替えに向け、きょう19日にも基本構想策定業務を指名する。10月初めに入札・契約し、2019年度末をめどに策定する見通し。20年度以降にまとめる基本計画、基本・実施設計を経て、早ければ22年度に着工したい考えだ。

耐震性や防災拠点機能確保の観点から
建て替えが計画されている市庁舎

 常盤町2丁目27[MAP↗]に位置する現庁舎は、1973年に供用を開始。規模はRC造、地下1地上4階、延べ4912m²。建設後40年以上が経過し、老朽化が進んでいるほか、09年に実施した耐震診断でも4階以外のIs値が耐震性能の指標となる0・6を下回っていると診断された。

 こうした現状に加え、千島海溝地震の発生確率が高まっていることや、防災拠点としての役割を果たす機能を確保する必要があることから、市は16年度から庁内組織で検討を開始した。

 基本構想では、現庁舎の現状や課題、建設に向けた考え方を整理。規模や場所についても複数の候補を挙げるほか、防災拠点として持たせる機能を取り上げる。

 市としては、防災拠点機能に重きを置き構想を策定したい考え。建設候補地は原則、市有地を活用し用地取得をしない方針であるため、現地建て替えなど、ある程度候補が絞られる。また、現職員数に対する必要な延べ面積が国の基準に達していないことから面積の拡大も予測されている。

 財源には公共施設等適正管理推進事業債の活用を想定しているが、20年度末までに実施設計に着手することが条件となっているため、20年度に基本計画と基本設計、実施設計のいずれかを組み合わせて発注することで時間短縮を図る。

 基本構想策定後は、公募した市民や専門家らを交えた仮称・庁舎建て替え検討委員会を立ち上げて意見を募り、計画に反映させながら事業を推進する考えだ。


関連キーワード: 庁舎 根室 耐震

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。