金山地区住民有志 要対策土受入候補からの除外を陳情

2019年09月19日 18時00分

 札幌市手稲区金山地区の住民有志が18日、札幌市議会に対し、北海道新幹線トンネル工事の「要対策土」受け入れ候補地から同地区を除外するよう求める陳情内容を説明した。付託を受けた同日の市議会総合交通政策調査特別委員会は、市に候補地選定を巡る動きを確認した上で継続審査と判断した。

 陳情したのは金山地区と周辺の手稲区民ら30人でつくる「有害掘削土から手稲の水と安全・健康を守る会」。会の代表が周辺に浄水場や小中学校、病院、老人ホームがあること、土砂災害の恐れや過去に鉱山跡地から異常出水の被害があったことなどを理由に候補地からの除外を求めた。

 市議会各会派は市に選定の経緯や住民説明の状況を確認。安全、安心を最優先に対応するよう要請し、継続審議を決めた。

 守る会の堀井克幸共同代表は「危険性は示した。冷静に話し合えば撤回を判断してもらえる」と話し、市、機構と直接話し合う機会を希望した。

 札樽トンネル市内工区の掘削土は230万m³に上り、半数は長年基準を超えて摂取すると、健康被害の恐れがある自然由来の重金属を含む「要対策土」と推定されている。

 処分候補地として市と整備主体の鉄道建設運輸機構は、金山地区の民間採石場跡地と厚別区山本の市有地を選定。事前調査の説明会を開いたが住民の懸念や反対が強く、調査を一時保留し再説明の準備を進めている。

 秋元克広市長は同日の定例記者会見で「安全、安心が確保され、市民の理解なくして進めることはできない」と述べ、住民の不安や懸念を受け止め、情報提供に努める考えを示した。


関連キーワード: さっぽろ圏 北海道新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,630)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,623)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,303)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,201)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,150)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。