道南スギで折畳式木橋 災害時想定し函館高専生が実験

2019年09月20日 16時30分

 災害時にすぐに架設できる橋梁を木質材料で作ることができないか―。函館高専の学生が18日、折り畳み式木製橋梁の架設実験に取り組んだ。地元建設業者の協力も得て、グラウンドを川に見立てて架設。施工性の高さや十分な強度があるか確認した。

時間を計測しながら手際良く組み立てた

 専攻科社会基盤工学専攻2年の佐藤史織さんと、社会基盤工学科5年の小泉楓さんの2人が担当した。社会基盤工学科の平沢秀之教授の指導の下、橋長6m、全幅0・6mの木製ハウトラス橋を製作。桁や床版などの部材をあらかじめ別パーツ化して折り畳むなどし、現地で展開、組み上げる方法を取った。

 材質は道南スギ。先輩から受け継いだ設計図を基に、佐藤さんが2分の1モデルを設計し、手作業で組み立てた。2017年から研究に着手し、ようやく屋外での架設にこぎ着けた。

 今回の実験のほか、木材や金具などの材料調達には戸沼岩崎建設が協力。この日は、平沢教授と高専の同期という戸沼淳社長が駆け付け、様子を見守った。

 実験を終え、公務員としての就職が決まっている佐藤さんは「災害時に率先して動く立場になる。復旧の方法を学べたのは良い経験になった」と話した。

 土木コンサルへのインターンシップをきっかけに橋梁工学を専門とした小泉さんは「部材の折り畳み方などさまざまなアイデアが必要で、学ぶことが多かった」と振り返った。

 同高専では、今後も別の学生による木製橋の架設実験を予定。コスト面のメリットや施工性の良さなどを広く周知していく考えだ。(函館)


関連キーワード: 橋梁 渡島 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,390)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,321)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,163)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,877)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,622)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。