東京五輪で「利雪」を 雪氷環境プロジェクトが技術研究会

2019年09月24日 12時00分

 NPO法人雪氷環境プロジェクトは18日、札幌市庁舎で技術研究会を開いた。雪屋媚山商店(本店・美唄)の本間弘達社長が、東京に雪を運ぶ活動の報告をした。

利雪が注目されていると話す本間社長

 本間社長は、東日本大震災発生をきっかけに、省エネルギーや新エネルギーに関心が集まるようになったとし、その一つとして利雪が注目されていると説明した。

 堆積場の雪をただ解かすのはもったいないと考え、東京に雪を運ぶプロジェクトを開始。帝国ホテルに、2012年と13年の2年間にわたり、毎日5㌧の雪を札幌の堆積場から運んだ。

 鉄道貨物コンテナに雪を運搬。ホテル地下に設けた仮設雪氷槽に投入し、冷水で室内の冷房機を回した。客に提供するサービスの質を落とすことなく、節電ができた。

 08年の北海道洞爺湖サミットでは、国際メディアセンターで雪冷房が活用されたほか、新千歳空港のサミット貴賓室棟には、雪室で寝かせて開花時期を制御した桜を展示。北海道らしさをPRできるよう、江別市の土で作った縄文土器レプリカに生けた。

 20年東京五輪のマラソンコースか競歩コースに、熱さ対策として雪を提供する予定。この準備で8月に銀座、築地、日本橋で開かれたイベントに美唄市の雪と沼田町の桜を展示した。

 雪は3月にフレコンバッグに詰め、77袋を高さ5mの山状に積み上げて保管。上から30cmのチップ材で被覆すると、1年間で1・5mしか解けず、残りの3・5mは保つことができると話した。

 銀座では、雪の設置で周囲の温度が3・6度下がったことを確認した。本間社長は「暑さ対策に少しでも貢献できることが分かった」とまとめた。


関連キーワード: エネルギー スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.6k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。