東京五輪で「利雪」を 雪氷環境プロジェクトが技術研究会

2019年09月24日 12時00分

 NPO法人雪氷環境プロジェクトは18日、札幌市庁舎で技術研究会を開いた。雪屋媚山商店(本店・美唄)の本間弘達社長が、東京に雪を運ぶ活動の報告をした。

利雪が注目されていると話す本間社長

 本間社長は、東日本大震災発生をきっかけに、省エネルギーや新エネルギーに関心が集まるようになったとし、その一つとして利雪が注目されていると説明した。

 堆積場の雪をただ解かすのはもったいないと考え、東京に雪を運ぶプロジェクトを開始。帝国ホテルに、2012年と13年の2年間にわたり、毎日5㌧の雪を札幌の堆積場から運んだ。

 鉄道貨物コンテナに雪を運搬。ホテル地下に設けた仮設雪氷槽に投入し、冷水で室内の冷房機を回した。客に提供するサービスの質を落とすことなく、節電ができた。

 08年の北海道洞爺湖サミットでは、国際メディアセンターで雪冷房が活用されたほか、新千歳空港のサミット貴賓室棟には、雪室で寝かせて開花時期を制御した桜を展示。北海道らしさをPRできるよう、江別市の土で作った縄文土器レプリカに生けた。

 20年東京五輪のマラソンコースか競歩コースに、熱さ対策として雪を提供する予定。この準備で8月に銀座、築地、日本橋で開かれたイベントに美唄市の雪と沼田町の桜を展示した。

 雪は3月にフレコンバッグに詰め、77袋を高さ5mの山状に積み上げて保管。上から30cmのチップ材で被覆すると、1年間で1・5mしか解けず、残りの3・5mは保つことができると話した。

 銀座では、雪の設置で周囲の温度が3・6度下がったことを確認した。本間社長は「暑さ対策に少しでも貢献できることが分かった」とまとめた。


関連キーワード: エネルギー スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,234)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,471)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,439)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,080)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。