19年度選奨土木遺産 道内から岩松ダムと旧運河橋

2019年09月28日 15時00分

 土木学会(林康雄会長)は、2019年度の選奨土木遺産を決定した。道内からは「岩松ダム」[MAP↗]と「旧運河橋」の2施設が選ばれた。北海道支部が11月15日に札幌ガーデンパレスで認定の授与式を開く予定だ。

岩松ダムと旧運河橋(写真下)の技術と産業への貢献を顕彰した

 土木遺産の認定制度は、土木遺産の顕彰を通じた歴史的土木構造物の保存などを目的に2000年度に創設。選考委員会(天野光一委員長)が全国から28カ所を選出し、道内での認定は44カ所となった。

 「岩松ダム」(新得町)は1942年竣工で、北海道電力が道内で最初に建設した岩松発電所の発電用ダム。コンクリート重力式で堤高37・2m、堤長190・5m、有効容量413万1000m³の規模と竣工当時は道内最大級で、現在も稼働し道東部の産業発展に大きな貢献をしている。

 開発局保有の「旧運河橋」(石狩市)は鋼材の節約や軽量化、美観の向上を目標に新技術導入に挑んだ全溶接単純鋼板桁橋。36年竣工と北海道最古、国内でも最初期の導入事例となっている。

 認定授与式では同会場で記念講演会も開く。

 


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。