ダム地下貯蔵の原酒を運び出し 留萌振興局と留萌開建

2019年09月29日 16時00分

10月中旬ごろに発売へ

原酒を持ち上げる野村局長(左)と味を楽しみにしている林社長(右)

 留萌ダムの地下に半年間、寝かせた日本酒の味は―。留萌振興局は24日、地域振興策の一環として留萌開建と協力して2019年4月に留萌ダム地下に貯蔵した国稀酒造(本社・増毛)の原酒を運び出した。振興局の野村聡局長や勝谷裕副局長らが立ち会った。

 留萌ダムの利活用は、18年度に振興局が管内市町村に呼び掛けた。ダムの地下内は気温が9度前後と安定していることから、国稀酒造が原酒の熟成を試みた。貯蔵したのは容器にして12本、216㍑分で増毛産の酒造好適米吟風をメインにした道産米を使用した。

 当日は、野村局長や勝谷副局長、留萌開建の職員が見守る中、ダム地下から原酒を丁寧に運び出した。

 今後は原酒の容器を開けて、おりを沈殿させ上澄み部分をすくい取って商品化。720㍉㍑サイズとし、約300本を10月中旬ごろに発売する。

 林真二社長は「アルコール度数によって味は変わるが、利き酒してどのタイプの酒にするか考えたい。実際に開けてみないと分からないが、まろやかになっていれば」と、大きな期待を寄せていた。


関連キーワード: ダム 留萌 酒造

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,758)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。