ビックボイスが室蘭にIoTラボ 室蘭工大などと連携へ

2019年10月02日 15時00分

 システム開発のビックボイス(本社・東京)は4日、室蘭テクノセンター[MAP↗]内に研究開発拠点「室蘭IoTラボ」を開設する。産学官の連携、室蘭工大の知見活用を通し、本道が抱える課題をIoTで解決する開発型拠点を目指す。同日に佐々木治郎社長が市役所を訪問し、青山剛市長に詳細を報告する。

 同社は2012年の創業。企業・公共向けシステムの受託開発などを手掛ける。道内では札幌、函館、芦別に拠点を置き、地域振興を促進する観光業、旅行代理店、飲食店向けホームページ、IT、IoTツール制作などの実績がある。市はかねて同社に誘致交渉を続けていて、結実した。

 室蘭進出の目的は、産学官連携による研究開発の加速とそれに携わる人材の確保。将来展望として、室蘭地域のものづくり中小企業への生産性向上に関するアプローチ、東京や札幌、函館などに居住する本道、室蘭出身者にUターンしてもらう取り組みなどを掲げている。

 当面は月数回の出張ベースで事業を進め、環境が整い次第、研究開発に着手する予定だ。


関連キーワード: ICT 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,703)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,281)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,952)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,866)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,292)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。