中標津町が旧若竹小を岩谷学園に無償譲渡

2019年10月02日 12時00分

外国人留学生を対象とした日本語学校開設 月内改修発注へ

 中標津町は、旧若竹小の敷地と建物を1日付で学校法人岩谷学園(本部・横浜)へ無償譲渡した。岩谷学園は、旧校舎を改修して外国人留学生を対象とした日本語学校の開設を目指す。工事は月内にも発注する可能性がある。

譲渡された旧若竹小の校舎(右)と屋体

 西竹225の4[MAP↗]にある旧若竹小は校舎がRC造、平屋、延べ741m²、屋体がS造、平屋、延べ383m²の規模で、1987年に完成した。町の生涯学習研究所「若竹の里」としてスポーツ少年団の合宿などに活用されてきたが、学園側が町内に日本語学校を開設する意欲を示したことから、6月に学園、町、中標津町商工会、中標津町岩谷学園誘致の会の4者で連携協定を締結。

 9月議会で施設設置条例が廃止されたことを受け、町と学園は施設が正式に廃止となる1日付で敷地と建物の無償譲渡契約を交わした。

 旧若竹小の敷地は借地部分を含め1万8745m²だが、このうち町内会館などが立地する道路側の一部を除外した1万4173m²と、校舎、屋体、教員住宅などの建物が譲渡の対象。

 学園側は2021年4月の開校を目標に、9月25日付で根室振興局へ設置計画書を提出済み。所有権が移転したことから、早ければ月内にも改修工事を発注する考えだ。

 開設に当たり、現施設のトイレや手洗いなど水回りの更新が必要となるほか、各種学校の基準に合わせるための間取り変更を伴う内部改修や、外壁、屋根などの改修も実施する方向で設計を進めている。

 道の現地調査が見込まれる来年5月ごろまでに、少なくとも内部の改修は完了させる。

 学園によれば、生徒数は各学年50人、教職員は6―8人体制を想定。学生は学園が借り上げた中標津市街の民間物件に住み、スクールバスで登下校しつつ、中標津市街などでアルバイトして学費に充てることになるという。

 学園本部戦略広報企画局の佐藤嘉記部長は「改修の発注方式は今月中旬までに詰めていくが、完成時期から逆算すると11月前半までには業者を決めたい」と話している。


関連キーワード: 学校 根室 海外人材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,095)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。