札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手

2019年10月02日 07時00分

 札幌市内の南2西3南西地区市街地再開発事業で、メインとなる複合ビルの工事が始まった。札幌狸小路商店街で住宅や商業機能を盛り込んだ高さ117mを誇る新施設が、2023年4月に誕生する。1日開いた安全祈願祭で再開発組合員ら約60人が集まり、無事故無災害で開業を迎えることを誓った。

 再開発ビルは、中央区南2条西3丁目区画[MAP↗]にあったサンデパートビルなどの跡地約3700m²に建設する。

 SRC・RC・S造、地下2地上28階、延べ約4万3613m²の規模で、地下2階から7階までが商業施設や公共駐輪場、業務施設、28階までが133戸の分譲マンションとなる予定だ。

 設計はNTTファシリティーズとプランテック総合計画事務所が担当。施工は佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同体が進める。

無事故無災害での工事に向け、関係者らが神事に臨んだ

 安全祈願祭では、南2西3南西地区市街地再開発組合の久保田雅彦理事長(旭堂専務取締役)をはじめ北海道開発局や道、市の職員、施工業者らが出席。玉串をささげるなどした。

 神事後のあいさつで久保田理事長は、1997年7月に再開発計画を考える会を設立し、22年の歳月を経て着工できたと回顧。「狸小路のシンボルとして多くの人に愛される建物になれば」と期待した。

 


関連キーワード: さっぽろ圏 再開発

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • web企画
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,781)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,429)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,959)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,596)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,595)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。