パーフェクトパートナー 白老駅北のホテルを断念

2019年10月03日 18時00分

 不動産投資会社のパーフェクトパートナー(本社・札幌)が、白老駅北側の白老駅北観光商業ゾーンで計画するホテルの建設を断念した。町は「断念受け入れは苦渋の選択」としつつ、「昨年11月に策定した基本計画通り、ぶれずに進める」とし、事業者が参画しやすいように条件緩和を視野に再公募を検討している。

 計画では白老町若草町1丁目の白老駅北観光商業ゾーン(1・5ha)のうち、約5000m²を民間活力導入区域に設定。3区画に分割し、飲食・物販、宿泊施設整備などを担う事業者を募集した。

 このうち1区画を事業候補者のパーフェクトパートナーと5月7日付で協定を締結。11月6日までに定期借地権契約を正式に結ぶことになっていたが、9月20日に同社が協定解除を申し入れた。事業縮小などが理由だという。断念により民間活力導入区域への参入事業者はゼロになった。

 残り2区画を1区画にまとめた2次募集では、1社の応募があったものの審査が通らなかった。

 応募が少ないことに対し、町は多額の投資額に見合った採算性や、2020年4月に開設される民族共生象徴空間(ウポポイ)の国が掲げる年間来場数100万人に、懐疑的な事業者がいるためではないかとみている。

 同社が計画していたホテルは白老の文化、自然との共生をテーマに掲げる。アイヌの美術品や工芸品を展示販売するアイヌミュージアムなどで構成。規模はW造、2階、延べ約1000m²で20室とし、総事業費に約2億5000万円を見込んでいた。

 一方、町が白老駅北観光商業ゾーンの行政整備区域に新設するインフォメーションセンターは、20年4月の運用開始を目指し、予定通り工事を進めている。(苫小牧)

(北海道建設新聞2019年10月2日付2面に掲載)


関連キーワード: 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,134)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,162)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,528)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,204)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,095)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。