室蘭製鉄所第5コークス西炉の完成式 日本製鉄

2019年10月06日 16時00分

世界最高の特殊鋼棒線基地へ

 日本製鉄は1日、改修を終えて9月4日に稼働開始した室蘭製鉄所[MAP↗]の第5コークス炉西炉の完成式を開き、同炉を報道機関に公開した。式には同社社員、工事関係者ら95人が参加。新炉完成を契機に無事故無災害を決意するとともに、世界最高基準の生産体制構築を誓った。

報道機関に公開した第5コークス西炉

 コークス炉は、鉄鉱石から銑鉄を作る際に必要となるコークス(石炭を蒸し焼きにして固めた物体)を作製する炉。室蘭製鉄所には第5コークス西炉・東炉と、第6コークス炉の3炉団がある。

 生産能力は西炉が28万㌧など合わせて年間約100万㌧に上る。

 それぞれ耐用年数の40―50年を迎え、生産能力の低下などが見られたため、東炉は2011年、第6炉は07年に改修。西炉は18年4月に解体、同12月から築炉を始め、ことし9月に完成した。設計、施工は同社グループの日鉄エンジニアリングなどが担った。

 完成式では神事を執り行った後、室蘭製鉄所の米沢公敏所長があいさつ。20年に予定している鉄鉱石から銑鉄を作る高炉の改修に触れながら、「今後は世界最高の特殊鋼棒線基地として飛躍したい」と抱負を述べた。

(北海道建設新聞2019年10月3日付11面より)


関連キーワード: 工業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,164)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,915)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,625)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,517)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,451)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。