深川・留萌自動車道 全線開通記念し大遠足開催

2019年10月06日 16時00分

 開通前の高規格道路を歩いて思い出をつくろう―。留萌振興局や管内8市町村などで構成する深川・留萌自動車道全線開通地域活性化協議会は9月29日、「深川・留萌自動車道全線開通記念 大遠足」を開いた。留萌管内の住人約200人が参加、秋空の下で心地よい汗を流した。

バンゴベトンネル前で一息入れる参加者

 この大遠足は、2019年度中に全線開通予定の深川・留萌自動車道(全長49㌔)を歩いて、住民に思い出をつくってもらおうと企画。

 開会式は留萌市内の船場公園で行い、中西俊司留萌市長が「開通に合わせて歩けるこんな機会はない。やや曇っているが歩くのにはちょうど良く、きょう一日は留萌を満喫してほしい」とあいさつ。

 スタート・ゴール地点の船場公園から留萌川沿いを歩き、栄萌橋を渡って仮称・留萌ICに入って折り返し地点のバンゴベトンネルを目指した。片道約4・2㌔でうち高規格道路部が約1・7㌔。野村聡留萌振興局長は、深川・留萌自動車をPRするパネルを持って参加者を先導した。

 バンゴベトンネル前では、増毛産のりんごジュースや苫前産のトマトジュース、留萌市のカズノコを使ったおつまみ「カズチー」を振る舞い、参加者に管内の特産品をアピールした。

 ゴール後、野村局長は「思った以上にアップダウンがあった。山の紅葉が始まっていて景色がきれいだった。全線開通すれば安定的な物流・観光に期待できる」と笑顔でコメントを寄せた。


関連キーワード: 留萌 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。