道内の遊休農地減少 非農地化や貸し付け進む

2019年10月08日 07時00分

 農林水産省は、2018年の農地法に基づく遊休農地に関する調査の実施状況を公表した。道内の遊休農地は前年比26.7%減の882haと3年連続で減少した。道によると、荒廃が進み山林化するなど、耕作再開が困難となった遊休農地の非農地化が進んでいることが減少の要因とみられる。

 調査は、各市町村の農業委員会が毎年、農地の利用状況を農地法に基づき実施。1年以上耕作されておらず、今後も耕作される見込みがない1号遊休農地と、周辺地域と比較して利用の程度が著しく劣っている2号遊休農地の所在を確認し、所有者に対する利用意向を調査している。

 農業上の利用意思がない場合などには、農地中間管理機構による「農地中間管理権」の取得に関する協議の勧告が行われ、市町村の税務部局が固定資産税の課税を強化する。

 道内は、1号が前年比27%減の872ha、2号が11.1%増の10haで、計882haだった。推移を見ると、15年に微増したものの、近年は減少傾向が続いており、10年と比べると76.9%減と大幅に減少している。

 非農地化や貸し付けなどが進んでいることから減少傾向。19年1月1日時点の勧告遊休農地はゼロとなっており、道内では、これまでも課税強化された前例はない。

 全国の遊休農地を見ると、1号が1%減の9万1524ha、2号が3.7%増の6290ha、合計は0.7%減の9万7814haで、4年連続のマイナスとなった。都道府県別では福島が7397haと最多で、次いで茨城が6582ha、千葉が6313haなど。

 勧告遊休農地は481件、93haに上る。このうち前回調査(18年1月1日)以降に勧告が行われたのが102件、32haとなっている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,896)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,083)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,803)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,349)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,176)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。