ミニさっぽろ2019に建設関連の企業・団体が出展

2019年10月08日 18時00分

業界の魅力を発信
 小学3、4年生がさまざまな職業を体験する「ミニさっぽろ2019」が5、6の両日、白石区のアクセスサッポロで開かれた。建設ゾーンには市内企業や建設関連団体などが出展し、体験を通じて子どもたちに建設産業の楽しさを伝えた。

 札幌商工会議所や札幌市などで構成する実行委員会が主催。市内や近郊の児童が仮想の街の市民となり、模擬的に労働や買い物を体験する。延べ約3300人が来場した。

バックホーを操縦するゲームなどを体験した

 建設ゾーンには8つの企業、団体がブースを構えた。田中組(本社・札幌市中央区)はオペレーターとなって重機を運転するパソコンゲーム、北海道鉄筋業協同組合は鉄筋の結束や切断の体験を提供。札幌日信電子(同・札幌市豊平区)は配線や電球の取り付けなど交通信号機の修理、カナモト(同・札幌市中央区)は高所作業車に試乗してもらった。

 このほか、北海道造園緑化建設業協会札幌支部、北海道建築士会札幌支部・北海道建築士事務所協会札幌支部、北海道インテリアプランナー協会が出展した。

 岩田地崎建設(本社・札幌市中央区)は、ドローンの操縦体験やタブレット上の会場に仮設材を置くAR体験などを用意。子どもたちは笑みを浮かべながらも真剣に「仕事」に取り組んでいた。

 同社の柴崎真広報課長は「子どもたちが楽しそうに体験していたので、建設業に興味を持ってもらえたらうれしい。建設業のイメージを変わるきっかけになれば」と話していた。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,233)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,468)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,442)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,079)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。