ミニさっぽろ2019に建設関連の企業・団体が出展

2019年10月08日 18時00分

業界の魅力を発信
 小学3、4年生がさまざまな職業を体験する「ミニさっぽろ2019」が5、6の両日、白石区のアクセスサッポロで開かれた。建設ゾーンには市内企業や建設関連団体などが出展し、体験を通じて子どもたちに建設産業の楽しさを伝えた。

 札幌商工会議所や札幌市などで構成する実行委員会が主催。市内や近郊の児童が仮想の街の市民となり、模擬的に労働や買い物を体験する。延べ約3300人が来場した。

バックホーを操縦するゲームなどを体験した

 建設ゾーンには8つの企業、団体がブースを構えた。田中組(本社・札幌市中央区)はオペレーターとなって重機を運転するパソコンゲーム、北海道鉄筋業協同組合は鉄筋の結束や切断の体験を提供。札幌日信電子(同・札幌市豊平区)は配線や電球の取り付けなど交通信号機の修理、カナモト(同・札幌市中央区)は高所作業車に試乗してもらった。

 このほか、北海道造園緑化建設業協会札幌支部、北海道建築士会札幌支部・北海道建築士事務所協会札幌支部、北海道インテリアプランナー協会が出展した。

 岩田地崎建設(本社・札幌市中央区)は、ドローンの操縦体験やタブレット上の会場に仮設材を置くAR体験などを用意。子どもたちは笑みを浮かべながらも真剣に「仕事」に取り組んでいた。

 同社の柴崎真広報課長は「子どもたちが楽しそうに体験していたので、建設業に興味を持ってもらえたらうれしい。建設業のイメージを変わるきっかけになれば」と話していた。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,390)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,321)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,163)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,877)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,622)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。