ミニさっぽろ2019に建設関連の企業・団体が出展

2019年10月08日 18時00分

業界の魅力を発信
 小学3、4年生がさまざまな職業を体験する「ミニさっぽろ2019」が5、6の両日、白石区のアクセスサッポロで開かれた。建設ゾーンには市内企業や建設関連団体などが出展し、体験を通じて子どもたちに建設産業の楽しさを伝えた。

 札幌商工会議所や札幌市などで構成する実行委員会が主催。市内や近郊の児童が仮想の街の市民となり、模擬的に労働や買い物を体験する。延べ約3300人が来場した。

バックホーを操縦するゲームなどを体験した

 建設ゾーンには8つの企業、団体がブースを構えた。田中組(本社・札幌市中央区)はオペレーターとなって重機を運転するパソコンゲーム、北海道鉄筋業協同組合は鉄筋の結束や切断の体験を提供。札幌日信電子(同・札幌市豊平区)は配線や電球の取り付けなど交通信号機の修理、カナモト(同・札幌市中央区)は高所作業車に試乗してもらった。

 このほか、北海道造園緑化建設業協会札幌支部、北海道建築士会札幌支部・北海道建築士事務所協会札幌支部、北海道インテリアプランナー協会が出展した。

 岩田地崎建設(本社・札幌市中央区)は、ドローンの操縦体験やタブレット上の会場に仮設材を置くAR体験などを用意。子どもたちは笑みを浮かべながらも真剣に「仕事」に取り組んでいた。

 同社の柴崎真広報課長は「子どもたちが楽しそうに体験していたので、建設業に興味を持ってもらえたらうれしい。建設業のイメージを変わるきっかけになれば」と話していた。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.6k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。