JR北海道 本社隣接地に1.2万m²の業務用ビル新築

2019年10月09日 18時00分

 JR北海道(札幌市中央区北11条西15丁目1の1、島田修社長)は、法人所在地にある本社ビルの隣接地に業務ビル新築を計画している。札幌市の地区計画変更を経て、2021年度の着工、22年度の完成を見込んでいる。

業務ビルの建設予定地。現在は時間貸し駐車場となっている

 5日に桑園地区の住民説明会を開いた。新ビルは10階建てで、延べ1万2000m²の規模。建設地は本社ビルの北西隣接地[MAP↗]で、時間貸し駐車場としている約2470m²の社有地。用途地域は建ぺい率80%、容積率300%の近隣商業地域だ。

 札幌市の都市計画であるJR桑園駅周辺地区再開発地区のエリア内。休憩や憩いの場となる広場、天候や季節に左右されない屋根付きの歩行空間などを整備することで、容積率約450%の緩和を想定している。

 地区計画変更が必要なため、11月に札幌市都市計画審議会で学識経験者らに計画概要を説明する。都市計画案縦覧や都計審での審議を経て、20年3月に都市計画の決定・告示後に着工する見通しだ。

 


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,899)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (2,863)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,175)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,693)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,500)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。