アサヒビール ニッカの余市蒸留所などで生産設備増強

2019年10月10日 18時00分

 アサヒビール(東京都墨田区吾妻1丁目23の1、塩沢賢一社長)は、ニッカウヰスキーの余市と宮城峡(仙台)両蒸留所の生産設備増強に約65億円を投じる。余市では貯蔵庫の新設を計画。今後施設規模を固め、2020年度の着工、21年度の稼働を予定している。

 アサヒグループホールディングス(本社・東京)によると、15―17年度に約60億円を投資してニッカ全体の生産体制を増強し、17年度以降に15年度比で約80%増の原酒増産をした。

 しかし、ウイスキー市場の急拡大に伴う原酒不足により、竹鶴などのプレミアムウイスキーは14年度から生産調整が続いている。今回の設備投資により、22年度以降の原酒製造能力は18年度比で20%増加する見込み。

 余市[MAP↗]では、貯蔵庫1棟を新設して箱詰め前の原酒タンク1基を設置するほか、運搬用タンク8基の保管場所とする考え。完成後は、1990年代後半以来の昼夜2交代勤務を実施し、原酒生産能力を現行の2・7倍まで高める。

 先行して着工した宮城峡はグレーンウイスキー増産に向け、カフェスチルの蒸留工程を一部自動化し、生産工程の効率化を図る。


関連キーワード: 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,234)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,471)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,439)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,080)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。