深川市庁舎敷地内建て替えへ 事業費は最大48.5億円

2019年10月11日 15時00分

 深川市庁舎整備検討会議(委員長・遠藤晃一町内会連合会連絡協議会会長)が9日に開催した第5回会合の中で、市事務局は新庁舎建設基本計画案を示した。現庁舎敷地内に建て替える方針で、規模は延べ約6200m²を基準とし、概算事業費は42億3000万―48億5000万円を見積もる。市は検討会議の意見を踏まえつつ、17日からパブリックコメントを進め、年内にも基本計画を策定する方針だ。

 同検討会議は市民や関係団体などの20人で構成しているもので、6月19日の初会合から庁舎整備の基本計画策定に向けて、市がまとめた基本計画原案や資料を基に、議論を重ねてきた。

 基本計画案によると、2条17の17[MAP↗]にある現庁舎の敷地内に新庁舎を建設する考え。敷地内での配置については、設計段階で決定する予定。規模は現庁舎の面積と国の基準を基に市が算定した面積の平均である延べ約6200m²を基準に適正な規模を設計で精査していく。概算事業費は建設工事費を含めて42億3000万―48億5000万円程度と想定している。

 庁舎の機能については、①市民に親しまれ利用しやすい庁舎②市民の安全安心を守る災害に強い庁舎③人と環境に優しい庁舎④効率的で安全な庁舎―の4つを基本方針とした。具体的には、待ち時間を短縮できるよう窓口をワンフロアに集約して設置。出入り口の段差解消やエレベーター設置などユニバーサルデザインやバリアフリー機能の導入を盛り込む。現在健康福祉センターにある健康福祉課と高齢者支援課は、新庁舎に移転する検討をしている。

 市民の意見や市の意向を反映させやすいことから、工事の発注方式は従来の方式である設計、施工分離方式、設計はプロポーザル方式が適当と判断した。

 市は29―31日には市民説明会、17日―11月15日にはパブリックコメントを実施し、年内にも基本計画を策定する。


関連キーワード: 庁舎 改築 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • web企画
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,733)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,098)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,598)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。