道土木クラブ 設立50周年記念誌を発行

2019年10月11日 18時00分

 北海道土木クラブ(土栄正人会長)は、設立50周年記念誌「会員のきずな 未来へ続く道」を発刊した。同クラブの50年の歩み、50周年記念祝賀会の模様、歴代会長メッセージ、会員からの特別寄稿などが収められていて、北海道開発を支えた道建設部OBたちの思いが詰まっている。

 道土木クラブは1951年7月1日に北海道開発局が道土木部から分離し、新生土木部が誕生してから20年目となる70年に発足。長い年月、同じ道を歩んだ仲間が集う親睦団体として、9月末現在の会員数は1320人に上っている。

50年の歩みを収めた記念誌

 記念誌には、7月に札幌市内で開催した祝賀会をたくさんのスナップ写真とともに紹介。過去の記念誌の掲載文を再編集した「50年のあゆみ」では、建設行政の歴史を垣間見ることができる。

 会員から募った特別寄稿では、天谷直純氏が50年の技術変革、菊地勝雄氏が技師補時代の思い出、西股忠克氏が建設中止となった士幌高原道路についてつづっている。また、技術者たちの努力の結晶である土木構造物を掲載した「補助ダムカード」「かけ橋カード」も紹介している。

 記念誌は1450部作成し、会員などに配布中。予備もあるため、希望者は同クラブ事務局(北海道土木協会内)、電話011(271)3681まで問い合わせるとよい。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.6k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。