ISTがMOMO5号機打ち上げへCFを開始

2019年10月15日 09時00分

漫画「宇宙兄弟」とコラボ 難病治療法の研究費にも

 インターステラテクノロジズ(IST、本社・大樹)は6日、観測ロケットMOMO5号機打ち上げに向けたクラウドファンディング(CF)を開始した。目標金額は900万円で、11月30日までインターネットで支援を募る。

 同社は2013年に大樹町で設立したロケットベンチャー企業。17年から観測ロケットMOMOの打ち上げ実験を開始し、ことし5月打ち上げの3号機では国内民間企業初の宇宙空間到達を果たした。現在はMOMOの低廉化と人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO」の開発を進めている。これまで初号機から4号機までに実施したCFでは合わせて3388人から約8070万円を集めている。

 7月打ち上げの4号機にはロケットの商業化を目指してスポンサーの商品などを積んだが、機器のトラブルにより宇宙空間到達には至らなかった。

 今回のCFでは漫画「宇宙兄弟」とコラボレーションし、集まった資金は5号機の打ち上げ費と作中に登場する難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法の研究費を募る基金に充てる。

(北海道建設新聞2019年10月9日付9面より)


関連キーワード: 十勝 宇宙

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,775)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。