上富良野町が町立病院建て替えへ 25年7月完成目指す

2019年10月12日 15時00分

 上富良野町は、スプリンクラーの未設置や老朽化などから、建て替えか大規模改修かで検討していた町立病院について、建て替えの方針を固めた。町は2025年7月の完成を目指しているが、一方で同病院は、厚生労働省が診療実績などから再編・統合が必要と判断した病院に含まれ、厚労省の動向を注視しながら整備概要や着工時期を見極めていく考えだ。

建て替えを決めた町立病院

 町立病院は大町3丁目[MAP↗]に立地し、規模はRC造、2階、延べ3717m²の規模で、1979年12月に完成した。一般病床44床、介護療養型老健28床の計72床で、内科、外科、循環器内科、血液腫瘍外来、肝臓外来、救急科の診療体制にある。

 現在、スプリンクラーが未設置だが、16年の改正消防法施行令の施行によって25年6月30日までにスプリンクラー設置が義務付けられたため、建て替えや大規模改修などを含めた整備手法について協議してきた。

 この結果、町は15年度に実施した調査で、スプリンクラー設置費用に1億4700万円を試算した。建て替えの方が高くなるが、その後の維持管理や費用対効果などを勘案したところ、建て替えが妥当と判断した。

 ただ同病院は、厚労省が再編・統合が必要と判断した病院に選定された。現段階で、具体的な情報が示されておらず不透明な点が多いため、施設規模や病院機能に関して厚労省との調整が必要と判断している。

 同病院では、厚労省の動向を注視しつつ建て替えの計画も進める意向。スプリンクラー設置期限を踏まえて完成時期を25年7月とした場合、一般的な計画として、19年度に基本構想、20年度に基本計画、21年度に基本設計、22年度に実施設計と続き、23年度にも着工というスケジュールを予定している。

(北海道建設新聞2019年10月12日付10面より)


関連キーワード: 上川 医療福祉 改築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • web企画
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,390)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,321)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,163)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,877)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,622)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。