十勝大橋の御影石歩道補修 アスファルト舗装に転換へ

2019年10月19日 09時00分

長く利用される橋目指す

歩道の劣化が進む十勝大橋。
アスファルト舗装が混在し、継ぎはぎ状態となっている

 十勝地域のシンボルを果たす十勝大橋の将来像を話し合う十勝大橋整備計画検討委員会は10日、劣化が見られる御影石敷き歩道の補修について、アスファルト舗装への転換を支持する考えを示した。橋を管理する帯広開建はこの場合の工事費を7000万円とみており、2020年度以降に橋面防水なども含む歩道補修に取り組む方針。委員からは御影石の鮮やかな景観を尊重する声も挙がったが、長く利用される橋を目指し、経済性や安全面などから総合的に判断した。

 十勝川に架かる241号十勝大橋[MAP↗]は、帯広市と音更町を結ぶ橋長501mの斜張橋。十勝川拡幅のため1996年に架け換えたもので、21世紀の十勝のシンボルとして整備するため関係者や学識経験者らで同会を組織し検討を続けてきた。

 これまで補修を重ねてきたが、架橋から20年以上が経過。赤系の御影石タイルで覆っている歩道にひび割れが生じ、水が内部に浸透して橋の劣化を早める可能性があることから、今後の補修について協議するため、10日に会合を開いた。

 補修方法には、現況と同じ御影石のほか、通常かカラーのアスファルト舗装がある。御影石は目地からの水の浸透や同一資材調達の難しさがあり、美観を保つにはカラー舗装の選択肢もあるがコストが高額。「イベントがあるときには華やかな方が雰囲気がある」との声もあったが、維持管理のしやすさや接続する道路がアスファルト舗装となっていることなどから、通常のアスファルト舗装が妥当と判断した。

(北海道建設新聞2019年10月12日付9面より)


関連キーワード: 十勝 橋梁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,775)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,414)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,949)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,595)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,587)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。