中心市街地に図書館と複合商業施設 津別町

2019年10月16日 12時00分

1月に開発事業者を募集

 津別町は、中心市街地に図書館と複合商業施設の新設を計画している。年末までに複合商業施設等整備基本計画を策定し、2020年1月に開発事業者を募集する考え。提案内容によっては、2施設を一つにまとめた一体的な整備も視野に入れる。整備は開発事業者が実施し、完成後、図書館部分を町が買い取る予定で、残る施設を買い取るかは検討中だ。20年度は施設概要を固め、21年度に設計に着手。21年度内の着工、22年秋ごろのオープンを目指す。

 町は18年度に複合庁舎建設等まちなか再生基本計画を策定。中心市街地に行政機能を集約し、サービス提供の効率化を図るもので、計画期間は18年度からの10年間。新役場庁舎の整備概要や、市街地をコミュニティーゾーンや福祉・住宅ゾーンなど8つに分けて、にぎわいを創出する地域づくりなどを盛り込んでいる。

 コミュニティーゾーンは、津別町農業協同組合事務所から議会議事堂までの約7000m²をエリアとしている。ゾーン内には図書館と複合商業施設を整備する計画で、図書館にはバスターミナルも設置する見通し。

 議会議事堂に併設されている現バスターミナル[MAP↗]は、1973年に建設。老朽化が著しいことから、議事堂は現在建て替えている役場庁舎と統合し、バスターミナルは図書館と一体的に整備して交流人口の拡大を図る。

 複合商業施設にはスーパーマーケットやアンテナショップ、ドラッグストアなど大手事業者の店舗を設けたい考えだ。


関連キーワード: MAP オホーツク 商業 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,778)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,417)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,953)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,596)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,588)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。