防災と地球温暖化対策推進へ 留萌市が日産EVを導入

2019年10月16日 15時00分

 地球温暖化と防災対策を推進するため留萌市は、日産の電気自動車(EV)リーフを導入した。温室効果ガスの排出抑制とともに、災害時の停電など有事に備える。また、市が率先してEVを使用することで市民の環境意識向上を図る。

 市が導入したリーフは、バッテリー容量が40㌔㍗時で定格出力は85㌔㍗。充電時間は約8時間で、フル充電すると322㌔走行できる。価格は本体と充電器を含め約420万円。市内外への移動に利用することで、温暖化対策を市民に啓発する。

温暖化対策の一環で導入したリーフに充電する職員

 今後は、EVなどから電気を取り出し、電気機器に電力供給を行う装置の可搬型給電器を購入する予定。災害によって停電が発生した場合は給電器を避難所に運び、電源として利用することなどを想定している。

 市ではいつ発生するか分からない有事に備え、できる限りフル充電しておく考えだ。


関連キーワード: エネルギー 乗用車 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,863)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,414)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,310)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (933)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。