日砕協のフォーラムが札幌で開会 本道開催は21年ぶり

2019年10月17日 15時00分

最新技術・安全策習得へ

 日本砕石協会の砕石フォーラム2019(第46回全国砕石技術大会)が、16日から札幌市内で始まった。北海道での開催は21年ぶり。18日までの3日間、砕石事業者や建機メーカーなどが最新の生産技術や安全管理策についての講演や、現場見学会を企画する。日砕協の西村耕一会長(埼玉・両神興業社長)は「砕石業は強じんな国土をつくるための業界。フォーラムを通して技術・安全を習得し、これからの砕石業界の大きな糸口にしよう」とあいさつした。

砕石業に関わる最新技術について理解を深めた

 16、17日は講演会をかでる2・7で実施し、砕石事業者による一般講演9件、建機やプラントメーカーなどの賛助講演15件を予定する。18日は見学会を企画し、Aコースは岡本興業(本社・札幌)藤野工場とハラダ産業(同)札幌砕石事業所、Bコースは仁木町尾根内の北海道新幹線・二ツ森トンネル工事を視察する。

 開催に際し、北海道地方本部の岡本繁美本部長は「21年ぶりに北海道で開催されることをうれしく思う」とあいさつ。大会実行委員長の久保晋典技術安全委員長(和歌山・豊工業所社長)は「砕石業者の持続的な発展には、業界全体の社会的地位の向上が不可欠。各会員がアップデートする会になれば」と述べた。

 初日は14人が講演。うち岡本興業の杉下隆彦執行役員事業部長らは、浜頓別工場でのC―1540RS導入について話した。米国・テレックス社の自走式コーンクラッシャーで、日本代理店の栗本鉄工所(本社・大阪)を通して導入。1台で採石の破砕と選別ができ、通常は浜頓別工場で稼働させ、オフシーズンの冬場は茨城県内の笠間工場へ移設し、1年中フル活用していることを報告した。

 ハラダ産業の安保陽一副社長とシンカン(本社・当別)の横田広彦氏は、石狩地区鳥獣被害対策広域協議会の一員として16年度から実施しているエゾシカ捕獲事業を紹介。進入防止柵や薬剤散布で食害を防ぐとし、捕獲方法・手順を説明した。

 このほか特別講演では、北海道経済産業局の近藤裕之資源エネルギー環境部長や北海道森林管理局の河野裕之森林整備部長ら4人が、道内での施策などを話した。


関連キーワード: さっぽろ圏 資材

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,772)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,413)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (1,949)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,593)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,586)

連載・特集

連載 釧根で輝く女性たちnew

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第171回は「内臓脂肪」。内臓を背中 に繋ぎ止める腸間膜についた脂肪で、 過度に増えると重大疾患を招きます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。