苫小牧市 IR関連予算を補正提案

2019年10月21日 07時00分

植苗で環境影響調査実施

 苫小牧市は、28日開会予定の臨時市議会に、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致も見据えた市の国際リゾート構想がある植苗地区の環境影響調査等IR関連予算を補正提案する。地区の土地所有者が独自に実施した環境に関する調査結果を提供してもらい、国際リゾート構想エリア全体でどのような自然環境に影響があるか調査する。2019年度内にもまとめるが、環境影響調査は来年度以降も実施する可能性もある。

 植苗地区で事業拡大の発表もあり、市は早急に自然環境等の影響調査を実施することにした。

 IR誘致に関しては、苫小牧商工会議所が市に対して要望活動を展開。11日には、国に提出する区域整備計画認定申請に向けて必要予算の早急な確保などを求めた。

 岩倉博文苫小牧市長も9月19日、道議会自民党・道民会議に認定申請に向けた取り組みを推進するよう要請している。

 昨年11月には、道がIR優先候補地を苫小牧市とすることが妥当との見解を示している。新千歳空港からアクセス面で他の道内候補地より優位で、道による需要予測でもIR売上高は年間1562億円、税収効果は234億円と最高。市内では、米カジノ大手モヒガン・ゲーミング・エンターテインメントやラッシュ・ストリート・ジャパンなど海外IR事業者4社が事務所を開設している。


関連キーワード: IR 胆振

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (3,758)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,400)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,918)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,770)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,346)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。