仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討

2019年10月23日 15時00分

 仁木町は、5号倶知安余市道路の仮称・仁木IC開通を見据え、新たな拠点づくりを構想している。既存施設の活用を基本路線に農産物やワインなど特産品の物販、ワイナリー巡りを推進する循環バスのパークアンドライド機能などを想定する。今後、庁内で設置場所や機能、スケジュールなどを検討していく。

 倶知安余市道路は、後志自動車道の一部として小樽開建が整備する高規格道路。余市IC―倶知安間の延長39・1㌔のうち、仁木町内には仮称・仁木ICと仮称・仁木南ICの2カ所を新設する計画だ。

 フルーツ狩りやワイナリー巡りで観光客が集まるものの、町内で特産物を購入できる環境がないことから、仮称・仁木ICの開通に合わせて観光拠点づくりを構想。庁内での検討に着手した。

 財政負担を考慮し、新設ではなく既存施設の活用を視野に入れ、候補として「農村公園フルーツパークにき」が挙がっている。町の担当者は「具体的な検討はこれからだが、町が通過点でなく目的地となるよう、しっかり議論していきたい」と話している。


関連キーワード: 後志 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,350)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,865)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,660)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,472)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,456)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。