古平町が役場庁舎を「道の駅」に改修 22年度に着工

2019年11月06日 07時00分

 古平町は観光交流センターの実施設計に着手した。役場新庁舎の建設に併せて、現庁舎の一部を道の駅としてリニューアルする計画。2020年2月末までに施設本体、外構、駐車場の整備概要や事業費などをまとめる。施工は新庁舎建設後の22年度となる見通しだ。

 役場庁舎、図書館、地域交流センター、地域防災センターの機能を備えた中心拠点誘導複合施設の新築に併せて、浜町40の4の現役場庁舎と文化会館周辺を都市再構築戦略事業で再整備する。

 計画では、現役場庁舎のうち旧法務局庁舎(211m²)、情報センター(132m²)を観光交流センターと特産物販売施設にリニューアルし、道の駅として申請する。19年2月にまとめた都市再生整備計画では、一部施設で新築を構想している。

 20―21年度で複合施設を整備するため、21年度に現庁舎解体の設計をし、22年度に一部解体と改修に取り掛かる予定だ。

 現役場庁舎のその他スペースと文化会館の跡地は、各種イベントが開催できる「ふるびら150年広場」として整備。既存施設や町有地の有効活用を図るとともに、道の駅との相乗効果による都市の求心力を高める。

 実施設計は、いずれも日本データーサービスが担当する。既存の石倉(132m²)については、実施設計で取り扱いを決める。

(北海道建設新聞2019年11月5日付9面より)


関連キーワード: 後志

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。