帯広市の新総合体育館 愛称「よつ葉アリーナ十勝」に

2019年11月07日 09時00分

 帯広市とよつ葉乳業(本社・札幌)は10月31日、市庁舎で2020年2月のオープンを目指す市新総合体育館[MAP↗]のネーミングライツ契約に調印し、愛称を「よつ葉アリーナ十勝」とすると発表した。約30年間の長期契約で、米沢則寿市長と有田真社長が契約書に署名。愛称を通じ、新総合体育館が長く地域に愛されることを願った。

愛称を発表した米沢市長(左)と有田社長

 愛称には「十勝」か「帯広」を入れることが条件で、同社は「全国や世界に十勝の名前を発信したい」と「十勝」を採用。また、地域の基幹産業である酪農や乳業を身近に感じてもらうため、十勝で生まれた乳業会社として、企業名の「よつ葉」を組み合わせた。金額は年間750万円(税抜き)、契約期間は20年1月―50年3月の30年3カ月となっている。

 同社は牛乳の良さを生かして人々の幸せと健康に貢献することを経営理念にしており、有田社長は「牛乳の会社とスポーツ施設は健康が共通点」と強調。「出発点の十勝に長く根を下ろし、これからも十勝の方々にかわいがってほしい」と長期契約を決めた。

 米沢市長は「新総合体育館は全国レベルのスポーツやコンサートで活用できる施設。よつ葉乳業と連携し、スポーツと食で帯広の魅力を発信できるのは心強い」と期待。9月に完結した十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」にも、同社をモデルにしたとされる乳業会社が登場していることから「このタイミングに縁を感じる」と話した。

(北海道建設新聞2019年11月6日付7面より)


関連キーワード: スポーツ 十勝

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,167)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,153)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,545)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,220)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,086)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。