トコロチャシ跡対象に遺跡群整備を計画 北見市

2019年11月13日 14時00分

 北見市は、史跡常呂遺跡トコロチャシ跡遺跡群を中心とした整備を計画している。遺跡の保護を重点に置き、一般市民らが見学できるような園路や案内・説明板のほか、住居1棟の復元的展示などを構想。現在は基本設計を進めており、2020年度に実施設計をまとめ、21年度から施工する見通し。総事業費には約4億円を見込み、24年度までに工事を含む基礎的な整備を終えたい考えだ。

 史跡常呂遺跡は、サロマ湖沿岸から常呂川沿岸に広がる国指定史跡。擦文時代などの復元竪穴住居などがある、ところ遺跡の森は1992―93年度に整備済み。

 今回の計画では主に、オホーツク文化期(8・9世紀ごろ)やアイヌ文化期(17・18世紀)の遺構があるトコロチャシ跡遺跡群[MAP↗]を対象としている。

 約1㌔の園路、案内・説明板、ベンチ、あずまやなどに加え、オホーツク文化期の住居1棟、アイヌ民族のとりでとされる柵列(チャシ)の復元的展示の整備を計画。埋蔵文化財を毀損(きそん)しないよう工事箇所には盛り土を施す。

 歴史環境計画研究所が取り組んでいる基本設計は19年度中に完了する予定。20年度の実施設計はプロポーザルで業者を選定する見込みだ。

(北海道建設新聞2019年11月12日付7面より)


関連キーワード: アイヌ文化 オホーツク 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,154)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,128)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。