当別町の青山ダムでジャイロプレス工法見学会

2019年11月20日 12時00分

 全国圧入協会(本部・東京)は8日、無振動・無騒音で硬質地盤に強い杭圧入工法であるジャイロプレス工法の見学会を実施した。技研施工(本社・東京)と道内企業で同工法専用機を初導入した第一基礎(同・岩見沢)の2社が施工状況を披露した。

圧入機本体はコンパクトで既設杭をつかんで次の杭を施工する

 建設コンサルタンツ協会認定のCPDプログラムとして技術講習を江別市民会館で開き、午後から当別町の青山ダムで施工状況を見学。約30人が参加した。

 打ち込まれた杭の引き抜き抵抗力を反力として新たな杭を押し込む圧入工法は、打撃や振動による施工と違い、周辺への振動、騒音がないのが特長。技研製作所(本社・東京)が施工機「サイレントパイラー」を開発し、実用化に至った。

 この発展型となるジャイロプレス工法は鋼管杭の先端にリングビットと呼ばれる切削刃を付け、杭を回転させながら圧入。これにより地中障害物の貫通や硬質地盤での施工を可能にした。

 青山ダムは、札幌開建が取水施設改修などを進めていて、岩盤上の仮締め切りに同工法を採用した。元請けは岩田地崎建設。圧入する鋼管杭は直径800㍉、長さ12・5―15・5m、計53本。各杭間は小口径鋼管杭とモルタル中詰めで止水する。

 技研施工、第一基礎がそれぞれ保有する専用機「ジャイロパイラーF401」は、油圧を供給するパワーユニットが分離。このため、杭を抱え込むようにして回転圧入する本体部分は軽量コンパクトだ。

 本体から約30m離れたパワーユニット周辺で作業説明したが、圧入作業音がほとんど聞こえなかった。主催者、施工者とも参加者から熱心な質問を受けて手応えを感じた様子だった。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,559)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,482)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,151)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。