経済波及効果は5億円と試算 函館のクルーズ船入港増加で

2019年11月20日 15時00分

函館財務事務所が分析

 函館財務事務所は、2019年にクルーズ船の入港が増加したことで5億円の経済波及効果が生まれるとの分析結果をまとめた。JR函館駅前から徒歩圏内の函館港若松ふ頭整備が函館発着ツアーの追い風となり、さらなる効果が期待できるとしている。

 若松ふ頭は現在、着岸できるクルーズ船を4万㌧級までとしているが、函館開建が岸壁整備を進めていて、将来的には11万㌧級のクルーズ船が入港できるようにする計画。函館市は税関や出入国管理、検疫などの機能や、観光案内などを担う旅客ターミナル整備を予定している。

 18年10月に暫定供用を開始したことから、19年はクルーズ船の来港が大幅に増えている。11月時点で入港回数は47回となる見込みで、18年に比べ20回の増加となる。来函する乗員乗客数もこれまでは5万人前後で推移していたが、3万6000人程度増えると見込んでいる。

 これによって、飲食業や娯楽業などサービス業で1億円、小売や卸売など商業で2億円、水産加工業など製造業で1億円、公共交通やタクシーなど運輸業で1億円の計5億円の経済波及効果があると試算。82人の新規就業誘発効果が生まれるとした。

 同事務所は「市内観光の回遊性が高まるなど、港町ふ頭着岸時より大きな観光消費が見込める」と期待。函館発着のツアーが充実すれば、クルーズ前後の宿泊にもつながり、宿泊・飲食業だけでなく第1次、第2次産業など幅広く効果が波及するとみている。


関連キーワード: 渡島 港湾 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,336)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,866)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,664)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,475)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,458)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。