中国市場に挑む ~大連・瀋陽リポート~

 高層ビル・マンション群が立ち並び、至る所に建国70周年を祝う横断幕や国旗が掲げられている―。

 10月8日から12日まで北海道中小企業家同友会国際ビジネス研究会主催の中国経済視察研修に同行した。海外の投資や技術を受け入れながら、世界第2位の経済大国に発展を遂げた中国。その巨大市場に挑戦する日系企業と、成長続ける中国企業の現状を取材した。

(この連載は経済産業部の富樫茜が担当しました)

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~(1)中央政府が東北振興強化

2019年12月02日 14時00分

経済発展目指し外国資本誘致

 中国東北部・遼寧省南端に位置する港湾都市の大連は、国際物流拠点として名高い。

 東北部の現状について説明役を担った日本国駐瀋陽総領事館の杉田雅彦首席領事は「ここ10年間をたどると日中関係は必ずしも平たんではなかったが、数年前から関係改善が進んできた感覚がある」という。

 東北3省(遼寧省、吉林省、黒龍江省)は、かつて満州と呼ばれていた地域だ。杉田首席領事は「心の奥底で、何らか日本に親近感を抱いている人も少なくない」と話す。遼寧省、とりわけ大連と瀋陽は日本と親交が深い。このため、中央政府から遼寧省が率先して日本との関係を深く築くよう指示が出ている。

 東北3省は、石炭産業や農業分野などで中国の発展を支えてきた地域だが、計画経済から脱却できず、高度成長に乗り遅れたとされる。中国の国内総生産(GDP)成長率は6%台だが、遼寧省は5.7%、吉林省は4.5%、黒龍江省は4.7%。日本のGDPと比べると高いが、上海など南の地域とはまだ差がある。

 中央政府は〝東北振興〟を強化している。2018年9月には習近平国家主席が東北3省を視察。6項目の要求を打ち出している。中でも重要としたのが、ビジネス環境の改善。南でビジネスを経験した人材を指導者に置いたり、先進地域とのビジネス協力を図る動きを進めている。

高い建物の建設があちこちで見られた

 外国資本の誘致も積極的に展開。大連には経済技術開発区があり、加工輸出型の企業が多く進出している。ドイツのBMWは、瀋陽に新工場を建設中だ。杉田首席領事は「国内の製造・賃金コストが上昇しているため、ビジネスモデルとしての中国の優位性は薄れると思う」と懸念を示す一方で、「中国国内の需要をどうやって取り込むかが将来的な課題。加工だけでなく、さまざまな在り方の取引を考える時代になっている」と話す。

 東北3省の中で、日系企業の進出が最も多いのは大連だ。18年末時点で1522社が、異国の地で挑戦を続けている。

 設計会社の一寸房(本社・札幌)は18年12月、大連に子会社を設立した。建設部の久松隼人主任は「日本企業が多く、さまざまな情報が入るため、仕事がやりやすい」と話す。小規模物件の施工図作製といった日本からの仕事を担う。将来的には中国国内の仕事を引き受けることを視野に入れている。

(北海道建設新聞2019年11月12日付3面より)


中国市場に挑む ~大連・瀋陽リポート~ 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,594)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,311)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,093)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,907)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,260)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。